やりたいことに挑戦させてくれる場を提供してくれる会社

Profile

島村 郁弥

2016年入社
ファクトリー事業部

01

入社動機

就職活動の時期に会社選びのポイントとして私が最も重要視したものは“やりがい”でした。教育学部の大学に在籍していたため、教員を目指す道も考えましたが、当時私が“やりがい”を感じる仕事は「様々な人と関わること」であると考えました。「様々な人と関わる仕事」というざっくりしたイメージの中で、人材サービスの業界を最終的に決めた理由は同僚や上司、取引先に加え、派遣先や請負現場で就業するスタッフ・社員とも関わる事が出来ると考えたためです。今では毎日少なくとも10人以上の人と会話をする機会に恵まれています。他の業界と比べ人材サービスの「人」と話す場面が圧倒的に多いと思います。

02

現在の業務内容

私は現在、請負現場の管理を行っています。お客様先の工場に常駐し、現場で働くスタッフの面接・採用・研修・契約書類の整備や生産数の管理などを中心に行っております。毎日決まっていることをこなす、というよりは日々起きる変化に対してどう対応していくか、変化に対してどれだけの準備ができるかがポイントになります。

03

仕事のやりがい

人の入職から関わっていくため、自分が採用・研修をした人材が現場で一生懸命働いている姿をみるとやりがいを感じます。また、そういった方々と現場での改善策を考え、取り組んだ活動がうまくいった時やお客様に評価をいただいた時にうれしい気持ちになります。

04

記憶に残るエピソード

今の現場は昨年からワールドインテックと取引を始めた現場ですが、取引を始めた当初は派遣契約を結んでおりました。半年の間に人を集め、生産の技術を学び、生産の工程を請け負う予定で取引を進めて参りましたが中々人が集まらず、生産の技術も思うように伝承ができていませんでした。当初の予定を遅らせ派遣契約開始から8か月を経て、現場の請負化をすることができた時は非常に嬉しかったことをよく覚えております。

05

ワールドインテックの強み

ワールドインテックの強みは多岐にわたる業種のクライアントと取引があることだと思います。私自身、入社した際は研究開発分野への派遣を主な事業としたR&D事業部に所属されましたが、入社から1年半が経過したタイミングで製造業が主なクライアントであるFC事業部へ異動になりました。自分自身が様々な業種を知ることができますし、事業部を超えた情報交換により自分の専門分野以外の業界の情報を知ることができます。

06

社内の雰囲気

事業部や営業所によって雰囲気は変わると思いますが、私の所属する横浜営業所はとても風通しの良い職場です。また、仕事のことで困ったときはすぐに同僚や上司に相談することができます。仕事の調整も自分の裁量で行うことができるため、予定があるときは事前に相談し定時に帰宅することも可能です。もちろん業務が重なってしまったときは残業することもありますが大まかな予定は自分の裁量で組むことができ、仕事以外の場面でも年齢に関係なく一緒に飲みに行ったり、音楽フェスに参加したりと会社の人とプライベートで会うこともあります。

MESSAGE

就職活動の時期は人生の大きな分岐点になると思います。正直なところ実際に働いてみないと、仕事の内容や会社の雰囲気は中々分からないかと思いますが、自分が将来何をしたいかどうなりたいかを念頭において就職活動に臨めば、やりがいを持って働ける仕事に就けるのではないでしょうか。ワールドインテックは様々なビジョンを持つ人に合わせて、やりたいことに挑戦させてくれる場を提供できる会社であると思います。たくさんの会社がある中で皆様が少しでもやりがいを感じることができる仕事を見つけられることを祈っております。