異なる業界に踏み込んでみたいなら将来的に広い知識を蓄えた人間に成長できる

Profile

蜂谷 一星

2018年入社
ロジスティクス事業部

01

入社動機

私の入社動機としては、二点ございます。人をサービスの対象として、社会に貢献することを仕事とする人材業界に身を置いて、自分自身が成長をしたかったというのが一つ。もう一つは、ワールドインテックという幅広い業界の人材サービスを取り扱っている企業で、業界を絞らず、多種多様な人材サービスを経験しノウハウや知識を積んでいきたかったからです。新卒入社1年目には、外資系大手通信販売企業で物流の人材サービスを主に経験できるロジスティクス事業部に配属となり、立場上まだまだ組織の端くれながら、世界規模のビジネスパートナーと大規模な人材サービスを展開していると感じることができ、やりがいを感じながら働いています。

02

現在の業務内容

入社から現在にかけて、まずは弊社のロジテスティクス事業部のパートナーである外資系大手通信販売企業がどのようなビジネスを行なっていて、どのようなシステムと工程を経て、お客様へ商品をお届けしているのかを学びました。ここでは、お客様からご注文頂いた商品を出荷するまでの工程を簡単に言うと2部門に分割し、組織の統括を行なっています。着車し、商材をSITE内に運び込みストックするInbound。ストックされた商材を客注ごとに取り出し、梱包をして出荷するOutbound。この物が入って、出ていくまでの仕組みを、時間をかけて丁寧に学んでいきます。最終的に従業員を統括し、お客様に注文通りそして、予定通りの日時に商材をお届けできるようにオペレーションを組み、一日一日数字と向き合う力を付けていくためです。機会にも恵まれ、外資系大手通信販売企業の新規SITEの立ち上げにも参加でき、空の倉庫に一日一日増えていく商材とお客様からのご注文に対応していく外資系大手通信販売企業のビジネスに少しは触れることができました。

03

仕事のやりがい

この仕事のやりがいは、まさに人材業界を通じて『外資系大手通信販売企業のビジネス』に関われることです。外資系大手通信販売企業と弊社が掲げるプランや展望を擦り合わせて、一日一日お客様のニーズにお応えしていく。それも、一日に何万という数の商材を扱う中で、入荷と出荷の出力(人が処理する商材の数)を調整し、お客様との約束のお時間に間に合うようにお届けする。この仕事は、常に数値と働き手と向き合うことが重要な仕事です。そういった環境下で成長させて頂いていることに、やりがいと達成感を感じます。

04

記憶に残るエピソード

入社して二か月半程が経過してから、現場のいちワーカーから、作業や工程を‘教える’立場になりました。実際に教える立場になった時に、年齢層や個性が幅広いこの現場では、ワーカーさんと同じ目線でモノを教えるというのは、並大抵なことではありません。標準作業や構内のルールを教え、安全に仕事をして頂くためには、周知する側の徹底が必要です。ほとんどが自分よりもキャリアの長いワーカーさんなので、経験が浅いなりに知識を必死に詰め込んで、努力したことが記憶に残るエピソードです。

05

ワールドインテックの強み

ワールドインテックの強みは、第一にホールディングスとして立つ強さだと感じます。我々が所属するここワールドインテックはワールドホールディングスの子会社です。同様にワールドホールディングスが持つ子会社というのは、業界の垣根を超えて何社も存在します。新卒として入社をする場合、入社と同時に配属事業所が決まります。経験を積んで、異なる業界に踏み込んでみたいという方には、ワールドインテックやホールディングス内で、異動を望めば、将来的に広い知識を蓄えた人間に成長できると思います。

06

社内の雰囲気

弊社で働く上での制度において、良いと思う点はやはり上記でも述べた、業界を跨いだ会社を抱えているということ。自分の成長のため、働き方の変遷、キャリアに合わせた異動を考えている人にはホールディングス内での異動が大いに可能であるという点においては、弊社の最大の強みではないでしょうか。社内の雰囲気については、私の場合はロジスティクス事業部なので、まさにビジネスパートナーである外資系大手通信販売企業のSITE(倉庫)が職場になります。そこには外資系大手通信販売企業の従業員は勿論、我々ワールドインテック側の管理者も大勢います。小田原SITEにつきましては、管理者だけでも250〜300名いると聞いています。この人数で、対ワーカーさん(総数6〜7000人)の管理を行っていくので、仲間である管理者同士の結束は固いです。毎日毎日が数値を追って、目標を達成するという闘いになるので、裏を返せば、『管理者同士の結束』がなければ現場の管理はできません。更に上長には、仕事のことだけではなく、仕事に対する考え方や、『人として』どうあるべきか、といった仕事を抜いたとしても、生きていく上で大切な事を日々学ばせていただける環境に身を置かせて頂いています。今はこの仕事こそが私の生きがいです。

MESSAGE

私も新卒としてこの会社に入職しました。当然、就職活動を経て今の立場があります。自分がどの業界に向いているのか、どんな職が自分の性格にあっているのか。また、そもそも何がしたいのか、多く悩みました。ただ一つ、どんな仕事に就いたとしても、『自分自身が成長できること』をやろうという意思はぶれませんでした。どんなにやりたかった仕事についても、その仕事が一生やりたかった仕事であり続けるかどうかは分かりません。だからこそ、仕事に対して理想を追い求めるのではなく、なりたい自分に対して理想を追い求める。これが仕事の極意だと私は考えています。就職活動で多くの困難と向き合うことになるかもしれませんが、仕事をしている理想の自分を思い描いて、どうか頑張ってください!