皆で分かち合うサクセスには何とも言えない喜びややりがいを感じる瞬間がある

Profile

櫻井 大佑

2011年入社
ロジスティクス事業部

01

入社動機

学生の頃から沢山の仲間と楽しい時間を共有することが好きで、様々なコミュニティで沢山の人と関わった経験から、人が活きるカタチを掲げるワールドインテックに目が留まりました。日本だけでなく世界へ、アウトソーシングによるワンストップソリューションを提供するビジネスモデルは、企業にとって社会的意義のある存在です。これらの経験や環境から、自己実現・自己成長を可能にするワールドインテックで活躍したいと志したのがきっかけでした。

02

現在の業務内容

外資系大手通信販売企業の保有する神奈川県にある世界最大規模を誇る倉庫で、出荷チームを束ねるManagerを務めております。主な業務は、生産現場の運営から工程レイアウトの改善提案まで多岐に渡り、単にアウトソーサーとして労働調整を行うだけに留まらず、事業所単位で出荷に付随する業務全体の管理に従事しております。最近では年末のクリスマス商戦に向けて10月から計画を立て、検証・確認・実行を繰り返してきました。日本全国へお届けする荷物の多くを取り扱っていること、そして、何千人という方々に倉庫で働いていただいていることを考えると、並大抵の責任感では務まりませんが、何十人という仲間とチーム一丸となって日々の業務を遂行することは、他の仕事ではなかなか味わえない環境だと思います。

03

仕事のやりがい

一番のやりがいは何にでもチャレンジできることだと思います。私はこれまでセンターの新規立ち上げを2回経験しました。パートナー企業と試行錯誤を繰り返し、ローンチ(立ち上げ)への準備をするのですが、何百人と働く現場を0から皆で作り上げていきます。そのプロセスや、プロセスを乗り越えて迎えるローンチ、ローンチ後に現場でレコードを更新した際など、皆で分かち合うサクセスには何とも言えない喜びややりがいを感じる瞬間があります。最近では、品質の指標のレコードを更新し、メンバーと写真撮影をし、世界一の品質を目指して更なるレコード更新へ向け、チームの士気もこれまで以上に高まっております。

04

記憶に残るエピソード

① 学生最後の卒業旅行での旅先で出会った友人と、異動先の九州で久しぶりに再会でき、私が所属していた九州の事業所の年末の繁忙期に、手伝ってもらったことがありました。友人がたまたまその事業所の近くに住んでいたこともあったので、まさか現場に来てもらえるとは思いもしませんでしたが、即戦力として活躍してもらったこともあり、印象深い1年の集大成になりました。

②社内にて研修があり、事業部内外やグループ会社の先輩や同期や後輩と再会しました。研修会場が九州だったので、事前に声をかけていたメンバーと研修の後に九州の事業所へ連れて行き、事業所内を案内する機会を作りました。3年ぶりに訪れたので、事業所内の様子も大きく変更されており、一緒に仕事をしていた方々にも会うことができたので、懐かしい気持ちに満たされる一方で、過去の自分と今の自分を振り返る機会にもなり、有意義な時間を過ごすことができました。

05

ワールドインテックの強み

変化に強い組織であることが強みだと思います。パートナー企業とお互いに手を取り合って、目的とする顧客へのサービスの提供をする上で、日々Operationの形は変化を繰り返し、それに乗じて形を変えないと戦っていけません。古いやり方に固執せず、常に新しい変化を楽しむことができるメンバーがたくさんいるので、変化に強いという所と変化を楽しめるという所で、そこは大きな強みだと思います。

06

社内の雰囲気

上司や同僚にはいつも相談に乗ってもらい、私自身も部下から相談されることは多々あります。倉庫には約5,000人が在籍しておりますが、直属の部下も20名ほどで、報告等のラインが決まっているので、お互いの仲間意識が強い職場です。チームによって1日の業務がルーティンとして決まっているので、オンオフにメリハリを付けて業務遂行しております。また、希望休暇などは上司とも気軽に相談し、チームメンバーと調整して偏りなく取ることができるので、比較的働きやすい職場だと思います。

MESSAGE

ロジスティクス事業部は2019年で約7年を迎えます。成長の著しいビジネスであることに伴って、沢山のチャンスがあります。もちろん失敗も経験しますが、チャレンジすることを後押ししてくれるチームやメンバーと一体となり、1日1日の積み重ねを大きなサクセスに繋げることができます。目の前のことはもちろん、現場感を肌で感じ、自ずと働くことを楽しむことができれば、成果は後から付いてくるので、是非一緒に、Work Hard, Have Fan, Make History.していきましょう。