「人が活きるカタチ」の実現に向けて考え、行動する

Profile

澄川 隆典

2013年入社
ファクトリー事業部

01

入社動機

きっかけは新聞記事で見た「新卒ニート」という言葉でした。大学を卒業しても働かない若者が多数いる。高い学費を払ったのに働かずにニート?・・・私は強い憤りを感じたと同時に、もしかしたら働きたくても働けない人もいるのでは、と考えました。一度社会との関係性が離れてしまったら、社会へ戻りにくい世の中なのかもしれない。その人たちのセーフティネットとなるような仕組みがあれば、もっと生きやすい世の中になるはずだ。そんな事を考えている時、「雇用創出・人が活きるカタチ」を掲げているワールドインテックと出会いました。そして採用担当者の熱い想いを肌で感じ、この会社なら自分のやりたいことが出来そうだと思い、入社を決めました。

02

現在の業務内容

電子部品を製造している請負事業所で、製造現場の工程監督者を行っています。主な業務内容は生産遂行の打ち合わせ、製造スタッフの作業指示、品質トラブル発生時の原因分析と再発防止策の立案等です。自分自身が現場の作業をすることはありませんが、製造スタッフへ作業指示を出さなければならない為、現場に関する知識を広く深く身に付けておく必要があります。また、「現場から人を育てる」をモットーに人材育成にも注力しています。製造現場のプロフェッショナルとして、どこの現場にいっても通用するような人財へと育っていってほしいです。

03

仕事のやりがい

私達現場の監督者は、お客様の要求する品質や納期を達成する為に、事前に計画を立てた上でそれらを実行していきます。現場の状況はタイムリーに変化してゆく中、厳しい困難を乗り越えて目標が達成された瞬間は、やはり大きな達成感があります。また、若い現場スタッフが成長してゆく為の目標値を設定して、共に考えながら達成していくことにも大きなやりがいを感じます。それぞれの適正に応じた強みを見つけ、その能力を最大限発揮するには、どのようなロードマップを描いてゆけば良いのか。「人が活きるカタチ」の実現に向けて考え、行動する。それらを最も近い距離で実践できるのが現場監督者の醍醐味だと思います。

04

記憶に残るエピソード

設備台数の制約がある中で、月間の生産量が大幅に増える時期がありました。従来のやり方では到底達成できない目標値だった為、作業方法の全般的な見直しが急務となりました。「あと3秒動きを早くできないか?」「この作業へ変更したほうが効率の良い動きでは?」現場スタッフの方々と意見を交わしながら、手探り状態で現場を作り上げていきました。粘り強く改善を進めていった結果、難しいと言われていた月度遂行を達成することが出来ました。課題をチームで共有して、共に考え行動して乗り越えてゆく。まだ現場経験の浅かった私にとって、非常に大きな経験となりました。

05

ワールドインテックの強み

ワールドインテックの強みは、結束力だと思います。一人では決して解決出来ないような事でも、二人、三人と人が集まると、個々の能力以上に大きな力を発揮することができます。共通の目標に対して全社的に動く時の一体感や熱量は圧倒的です。そしてこの結束力を支えているのは、社員一人ひとりが強い意志や誇りを持って業務に取り組む姿勢が社風としてあるからではないでしょうか。

06

社内の雰囲気

非常に風通しの良い会社だと思います。私は元々営業職としてワールドインテックに入社しましたが、入社数年後に自分の本当にやりたいことは、もっと現場の近くにあると感じ、営業職から現在の運営管理職へ変更を希望しました。当時、上司だった方は、力強く私の背中を押してくれました。今こうして充実した仕事ができているのは、私を送り出してくれた上司のおかげだと思っています。また、現在所属している営業所では、上司と現場に関する課題や今後の人員計画について、日々相談に乗ってもらっています。困ったとき相談に乗ってくれる存在が近くにいることは、非常にありがたいです。

MESSAGE

「誰の為に、何の為に働くのか?」この問いかけに対して、可能な限り考えてみてください。そして、その答えがワールドインテックにあるのなら、迷わず挑戦してみてください。この会社にはきっとあなたが活躍出来るフィールドが驚くほど用意されています。